コンプライアンス研修

外国人スタッフ向け研修対応


カテゴリー コンプライアンス・リスクマネジメントこのカテゴリーの他の研修を見る

ねらいコンプライアンスの意味とその重要性を理解する

研修時間2~3時間

対象 経営者 管理職 一般職

コンプライアンスに対する
問題意識や気付きを促し、
社内の不祥事等の未然防止に繋げる

コンプライアンス研修の経験豊富な専門講師陣が講座を担当。コンプライアンスに特化した専門講師だからこそお伝えできる生の事例を通じて、受講者ひとりひとりがコンプライアンス違反に対する当事者意識をもち研修後には即行動に移せるよう、業界特性にあわせた【ケース・スタディ】や【グループ・ディスカッション】等を取り入れます。受講者にとって納得性・実行性が高い参加型のコンプライアンス研修です。

カリキュラム

専任の研修アドバイザーがお客様のご事情を伺った上で、最適なコンプライアンス研修プログラムや業界に合わせた講師をご提案させていただきます。
以下は、一般社員様へ向けた一般的なコンプライアンス研修プログラムです。課題や状況にあわせて研修プログラムをコーディネートさせていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

担当講師(例)はこちらをご覧ください。

※研修内容や研修時間に関してはご要望に応じてカスタマイズ可能です。

コンプライアンス研修テキスト サンプル(PDF)

一般社員向け 研修カリキュラム

オリエンテーション

コンプライアンスの基礎を学ぶ

コンプライアンス違反事例の研究(クイズ形式で理解を深める)

情報漏洩、著作権、営業秘密、製造物責任、インサイダー取引、企業間取引、セクシャル・ハラスメント、パワー・ハラスメント、労務トラブル等のうち、御社にあわせてコンプライアンス違反の事例をピックアップして実施・研究していきます。

コンプライアンス違反事例を考えよう(ケースメソッドでワーク)

  • 個人演習でコンプライアンス違反考える
  • グループ討議で共有する
  • 全体発表でフィードバックする

まとめ・質疑応答

ベテラン社員向け 研修カリキュラム

オリエンテーション

  • コンプライアンス研修の狙いの確認
  • 講師紹介

コンプライアンスに対する社会認識の変化を知る(講義、受講者とのやりとり)

  • コンプライアンス経営が求められる時代(社会)背景の変化
  • コンプライアンス違反は自身と組織を大きく毀損する
  • 事例から見るコンプライアンス違反の危険度
  • コンプライアンス違反があった際の社内での対処
  • ベテラン社員としての対応

自己のコンプライアンス度チェック(自己チェック、講師からの解説)

  • 過去の行動を振り返り、チェックリストで自己チェック
  • 理解不足のポイントを確認する
  • 講師によるコンプライアンス度チェックの解説

コンプライアンス違反事例を学ぶ(設問、回答解説)

  • コンプライアンス違反事例を使い理解を深める(2~3題程度)
    ※特に50代以上に多く発生するパワハラと情報漏洩を中心に事例を作成します。

    • パワハラ; 世代間のギャップや価値観の変容のために起こりやすいもの
    • 情報漏洩; 長年の職務経験により中枢的な情報へアクセスする権利を有しているがために起こりやすいもの

ケーススタディ演習 〜50代以上のベテランが陥るワナ〜(個人演習、グループ討議、発表)

※職場でコンプライアンス違反が疑われる事例が発生した、という設定のもとで、ベテラン社員としてどのように対処すべきかを検討します。テーマはパワハラもしくは情報漏洩とする想定です。

  • 個人で考える(演習)
  • グループでコンプライアンス違反ケーススタディについて討議する
  • 討議の結果を全員に向けて発表する (代表として1グループ程度)
  • 講師からの解説

クロージング

  • まとめ(コンプライアンス違反を起こさないためにどうすべきか)
  • Q&A
お問い合わせ・資料請求はこちら

ねらい

  • コンプライアンスの基本的な意味とその重要性を理解する。
  • 業界特性に合わせてカスタマイズされたケース・スタディを使い、業界に起こりがちなトラブルをより具体的に体感することで受講者のコンプライアンス違反に対する当事者意識を高める。
  • 自己の行動をチェックすることで、コンプライアンスに対するその後の意識・行動変容に繋げる。
  • 同業他社のコンプライアンス違反事例を学ぶことで問題意識や気付きを促し、社内における不祥事等の未然防止に繋げる。

特長

  • 多数のコンプライアンス研修を担当しているジャイロ総合コンサルティングの専門講師陣が研修を担当
  • コンプライアンス知識豊富な専門講師陣だからこそお伝えできる生の事例が受講対象者の危機意識を醸成
  • コンサルティングファームの強みを活かし、様々な業界に専門特化したコンプライアンス研修が可能
  • 座学のみならず、ケーススタディやグループディスカッションなど実行性が高い研修手法を採用
  • “啓蒙的な内容”から”専門的な内容”まで、貴社のご状況やご要望に応じて研修アドバイザーが研修成功をサポート

実績(実施した企業・団体)

東京商工会議所、法務局、独立行政法人、経営者協会、食品メーカー、飲料品メーカー、製薬メーカー、工業製品メーカー、情報サービス会社、ゼネコン、設備会社、人材派遣会社、医療機器販売会社、携帯電話販売会社、その他多数の団体様・企業様に当社のコンプライアンス研修を実施していただいております。

Tips

ハインリッヒの法則とコンプライアンス違反

大手企業での不祥事が相次いで明らかになり、社会的にも批判を受けています。傍観者的に言えば、「またか! ヤレヤレ、困ったものだ」と、明るみになるたびにため息をつきたくなります。なぜ同じようなことが繰り返されるのか。このようなことが根絶できないのはなぜだろうと不思議な気がします。

労災事故発生の引き合いに出される「ハインリッヒの法則」をコンプライアンス違反に当てはめると、1件の重大なコンプライアンス違反の裏には、29件の軽微な違反、違反まで至らない300件の事象が存在することになる。ハインリッヒの法則が教えるところに従えば、コンプライアンス違反の根絶を目指すなら、300件の違反未満の事象を起こさない仕組みや意識づけが重要となる。しかしながらコンプライアンスでは、重大な違反をなくすための最も有効な手立ては、300件の違反未満の事象をなくすことではないようだ。

違反未満の事象をなくすために多大なエネルギーを使うよりも、違反未満事象が起こることを前提にして、事象を重大化させない仕組みと意識が重要です。そのためには、「おやっ?」と思えばすぐに上司に相談する、互いの業務に関心を持ち合う風土や通報の仕組みをつくることなどが必要になるのです。

 

セミナー&研修.netのコンプライアンス研修が選ばれる理由

近年、コンプライアンス遵守の重要性は、いかなる業界においても、日に日にその重要性を高めています。
「コンプライアンス研修」と言っても漠然としていて、どんな講師がいいのか、どんなテーマの研修を行えばいいのか、IT業界のコンプライアンス研修とは?建築業界のコンプライアンス研修とは?コンプライアンス研修の目的は?

などなど、コンプライアンス研修にまつわるお悩みや疑問点も、ご安心して一度お問い合わせください。セミナー&研修.netの研修アドバイザーが、御社の業界に則したコンプライアンス事例、テーマを取り入れたカリキュラム、研修をご提案いたします。
コンプライアンスの基礎を身につける研修から、昨今話題となっており、新入社員研修にも必須となりつつあるFacebook(フェイスブック)やTwitter(ツイッター)などのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)にまつわるコンプライアンス研修など、様々な研修カリキュラムをご用意しております。

セミナー&研修.netのコンプライアンス研修実績は1,000件以上。
多くの研修実績と、厳選された専門の講師陣が、御社の研修目的の達成、をサポートいたします。

その他の コンプライアンス研修関連サービス

電話でのお問い合わせ

受付時間 月~金 10:00~18:00

メールでのお問い合わせ