テーマ・部門別

階層別

若手社員向け経営分析研修 〜現場を知る。数字を知る。ビジネスが面白くなる。〜

企業事例を通じて財務諸表や経営分析の苦手意識を払拭し、数字への興味関心を高めることができます!

ねらいと目的

・財務諸表に苦手意識をもつ若手社員に数字の面白さを理解するキッカケとなる。
・Amazon、Apple、ユニクロなどの有名企業の財務諸表から数字を身近に感じられるようになる。
・経営分析の基本を知ることができる。

いますぐカリキュラム・見積もりを相談する

03-3808-2241受付時間 月~金 10:00~18:00

メールフォームはこちら

カリキュラム

カリキュラム

オリエンテーション

  • 講師紹介
  • 研修の狙い

経営分析の基本

  • そもそも経営分析とは?
  • なぜ経営分析をするのか?
  • 経営分析の基本ルール

財務諸表の基本を知る

  • P/Lのポイント(経年比較のポイント)
  • B/Sのポイント(業界別の特性を知ろう)
  • C/Fのポイント(プロダクトライフサイクルとC/F)
  • 導入期、成長期、成熟期、衰退期で変わるC/F
  • 無印良品のC/F

CCC(キャッシュ・コンバージョン・サイクル)

  • CCC(キャッシュ・コンバージョン・サイクル)とは?
  • 資金繰りを良くするためのキーワード
  • AmazonやAppleのCCCを読み解く
  • しまむらやユニクロのCCCを読み解く
  • CCCは企業の考え方が現れる

経営分析の具体策

  • 成長性の財務指標と留意点
  • 収益性の財務指標と留意点
  • 安全性の財務指標と留意点
  • 効率性の財務指標と留意点

クロージング

  • 全体のまとめ
  • Q&A
財務諸表や経営分析に対して苦手意識を持っている、または、自分の部署には関係ないと感じている方も多いのではないでしょうか。しかし営業職、総務職、販売職など多くの部署で数字をベースにした知識を身につけることで、ワンランク高いビジネス視点を獲得できます。本研修では、Amazon、Apple、ユニクロ、良品計画などの財務諸表などを見ながら、経営戦略と数字の関連性を明らかにしていきます。日頃、身近に触れている企業の裏側を知ることで数字に強い人材へ変化するキッカケとなります。数字が面白くなる研修です。

担当講師

関連事例

この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 予算対応
  • 急ぎの講師派遣
  • 遠方への講師派遣
  • 事前に講師と打ち合わせ
  • 特殊な業界への対応
  • 全て対応可能です!お気軽にご相談ください。

    ※実施会場などお決まりでしたらお知らせください。



    SSL グローバルサインのサイトシール

    このサイトはグローバルサインにより認証されています。このメールフォームからの情報送信は暗号化により保護されます。