テーマ・部門別

階層別

ビジネスマナー&コミュニケーション研修

お互いが快くコミュニケーションを取るために、必要なマナーを身につけよう。

ねらいと目的

  • 新しい生活様式に必要なエチケットを身につけ、感染症を防ぐ。
  • 表情筋のトレーニングで印象をアップし、職場の雰囲気を明るくする。
  • コミュニケーションの土台となるより良い伝え方・聴き方を習得する。

特長

  • プロフェッショナルとして数々の現場を経験してきた講師が担当します。
  • 演習を含む内容で、その場で身につき受講後すぐに役立ちます。

いますぐカリキュラム・見積もりを相談する

03-3808-2241受付時間 月~金 10:00~18:00

フォームでお問い合わせはこちら

カリキュラム

専任の担当者が貴社のご事情を伺った上で、最適な研修プログラムや講師をご提案させていただきます。 以下は一般的なビジネスマナー・コミュニケーション研修のプログラムです。課題や状況にあわせて研修プログラムをコーディネートすることも可能です。まずはお気軽にご相談ください。
 ※研修内容や研修時間に関してはご要望に応じてカスタマイズ可能です。

ビジネスマナー&コミュニケーション研修

1・仕事を効率よく身に付け進めるために!

2・感染症を確実に予防しよう!新しい生活様式!職場でのエチケット

・身だしなみ
・ふるまい
・挨拶

3・職場の印象を整える~表情のトレーニング~

4・周りとの関係をスムーズにする土台

5・伝え方・聴き方

6・敬語の種類と使い方

7・問い合わせが増える世の中だからこそ!一歩差がつく電話応対

8・WEBでの問い合わせにも確実に対応!ビジネス文書・メール

9・報連相時のポイントと注意点

10・情報共有の大切さ!チームワーク

新型コロナの影響で、新しい生活様式が勧められています。その中では、新しいエチケットを守ることも含められています。
当研修では印象を良くする表情筋のトレーニングや、周囲の相手との伝え方・聴き方などの演習を行い、伝えわるコミュニケーションを習得して頂きます。職場のコミュニケーションの風通しを良くして、業務効率をアップしませんか? 詳しくはお問い合わせください。
Zoom等の会議システムを用いたオンライン研修にも対応いたします。初めてオンライン研修を検討している、オンライン研修についての不安など、まずはお気軽にご相談ください。
ビジネスマナー&コミュニケーション研修
企画提案書のダウンロードはこちら

関連事例

Tips

伝わるコミュニケーションは、まず事実確認から

上司への報告、とりわけうまくいっていない業務の報告をするとき部下は「こうしようとしたのに」「ああしようとしたのに」と自分の意図を事細かく話そうとしてしまいがちです。「私はちゃんと仕事をしている」と伝えたいがためです。しかしそのような伝え方は結論が見えにくくなり、上司にはくどくどとした言い訳にしか聞こえないものです。

円滑なコミュニケーションのために、まずは事実から伝えることが大切です。そこから原因を考えたり、方法をさぐったりしていくことで、より良い方法を見つけることができます。

失敗を人に伝えるのは、特に上司に報告するのは勇気が要ることでしょう。しかしもし失敗を隠したりなどしたら、問題を大きくしてしまいかねません。日頃から話しやすい空気を作っておくには、表情筋のトレーニングが大きな効果を与えてくれます。一人一人が明るい表情を心がけることで、職場の空気は一段と明るくなります。当研修で、職場の空気を良くし、コミュニケーションを潤滑にして業績アップしませんか? 詳しくはお問い合わせください。

もっと読む

この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 予算対応
  • 急ぎの講師派遣
  • 遠方への講師派遣
  • 事前に講師と打ち合わせ
  • 特殊な業界への対応
  • 全て対応可能です!お気軽にご相談ください。

    ※実施会場などお決まりでしたらお知らせください。

    プライバシーポリシー


    >>取材のお申込みはこちらから



    SSL グローバルサインのサイトシール

    このサイトはグローバルサインにより認証されています。このメールフォームからの情報送信は暗号化により保護されます。

    お知らせ

    ▶ もっと見る

    研修・セミナー事例

    ▶ もっと見る

    新着研修

    ▶ もっと見る