テーマ・部門別

階層別

SNS(ソーシャル・メディア)活用研修 〜Twitter(X)・Instagram・YouTube

SNSの特長を理解して自社のSNS運用の課題を明確にする!

ねらいと目的

  • コロナ禍で変わったSNS利用急増の実態と各SNSの現状、特徴を知る。
  • なぜSNS運用が必要なのか?SNS別の効果的な使い方を知る。
  • SNSを継続的に続けるためのポイントと、ターゲットにあわせた効果的かつ効率よく発信する方法を学ぶ。
  • SNSにおける炎上事例と対策について学ぶ。
  •   
  • すでに活用されている企業の好事例からSNS運用の成功パターンを学ぶ。

特長

  • SNSを活用した企業の成功事例をつうじて自社の課題を明確にできます
  • 自社の投稿内容にたいするアドバイスなど実践型研修
  • 実演中心だから、実際の操作が具体的にわかる

いますぐカリキュラム・見積もりを相談する

03-3808-2241受付時間 月~金 10:00~18:00

メールフォームはこちら

カリキュラム

Instagram、Twitter(X)、YouTube活用編

各ソーシャル・メディア別の特徴と対応策

  • いまなぜソーシャル・メディアが必要なのか?
  • Instagram、Twitter(X)、動画の動向と企業の活用のポイント
  • マーケティング戦略におけるSNSの位置付けとは?

Instagram活用編

  • Instagram活用の基本
  • Instagramの投稿ポイント
  • インスタライブの活用法
  • ストーリーズの活用法
  • リール機能の活用法
  • Instagramのハッシュタグ活用術
  • Instagramの企業活用事例
  • Instagramのアクセス解析の基本

Twitter(X)活用編

  • Twitter(X)の仕組みと活用事例
  • Twitter(X)でフォロワーを増やす具体策
  • Twitter(X)炎上事例と対策
  • Twitter(X)アナリティクス活用方法
  • Twitter(X)広告の基本

YouTube活用編

  • すべてのSNSに有効、動画活用法とは?
  • 動画で何を伝えるべきか?
  • 初心者でもできる動画編集の基本
  • YouTubeを使った動画公開法

 

ゼロからはじめるSNS活用方法

お客様との関係構築に役立つ!SNSの現状と特徴

  • SNSの現状について
  • 各SNSの特徴について
  • SNS別の重要なポイント
  • なぜSNSを活用する必要があるのか?

未来のお客様との関係構築!SNS別の効果的な運用と炎上対策

  • SNS活用の目的とターゲットの絞り込み
  • SNSの選別と効果的な活用方法について
  • SNSの炎上とは?
  • 炎上防止の対策についてのチェックポイント
  • 自社に役立つSNSの選択と対策
  • SNS成功事例につなげる好事例のご紹介

質疑応答

  • 本日のまとめ
  • 質疑応答
Facebookやtwitter(X)、instagramを始めとした企業や行政機関によるソーシャルメディア活用が進んでいます。一方で、どのSNSを使ったら良いのか、どうすれば効果がでるのか、ソーシャルメディアをうまく自社ビジネスに活かしきれていないといった声も多数。
そこで本研修では、Twitter(X)・Instagram・YouTubeなどのSNSを使ったビジネス活用の具体策を基本から学んでいただきます。加えて、ソーシャル・メディアのセキュリティ対策や炎上対策など企業にとって必要不可欠なリスク管理手法についても学んでいただきます。
Zoom等の会議システムを用いたオンライン研修にも対応いたします。初めてオンライン研修を検討している、オンライン研修についての不安など、まずはお気軽にご相談ください。

担当講師

関連事例

Tips

ソーシャル・メディア活用は今や企業にとって必要不可欠な存在となっています。しかしながら、多くの企業では充分な活用ができているとは言い難いのが現状です。またSNSによる炎上などリスクに対する対策についてもまだまだ不十分であるといえます。本研修では、すでにインフラとなりつつあるソーシャル・メディア(SNS)の活用法とリスク対策など企業が活用していくにあたって必要最低限学ぶべきことを理解して頂きます。また企業としてSNSを導入し、継続的に運用していく上で必要な組織体制の構築方法やPDCAサイクルの回し方などSNSを企業で導入していくために重要なポイントもあわせて修得していかなければなりません。

SNSを企業で活用していく上では、それぞれのSNS特性に合わせたコンテンツ開発やコミュニケーション方法を定義していく必要がございます。

各SNSの特徴

Facebook…国内アクティブユーザー数2600万人(2019年7月現在)、実名制のためビジネスパーソンを中心としたユーザーが多い。ビジネス上の取引先との連携などもありややビジネスライクな対応が増えている。

Twitter(X)…国内アクティブユーザー数4500万人(2017年10月現在)、短文投稿(140文字)を基本として、リツイートという機能で情報が爆発的に拡散させることができる(ハズ)。その特性上、一度拡散すると非常に強力な拡散力を持っている。一方で、ネガティブな情報も拡散されやすく炎上対策は必須である。匿名性のため様々なユーザーが混在している。2023年7月にTwitterからXへと名称変更されている。

LINE…月間アクティブユーザー数9500万人以上(2023年3月現在)

Instagram…月間アクティブユーザー数3300万人(2019年6月現在)、写真や動画を中心としたSNS。ストーリー機能なども追加されややTwitterと重複している。若年層女性が中心でありサービス業、飲食業、ファッション業界などで有効

TikTok…月間アクティブユーザー数1700万人(2021年8月現在)、若年層を中心に支持を集めているTikTok。15秒(または60秒)の短い動画で、アプリそのものの編集機能が充実しており、おもしろ動画やお役立ち動画などコンテンツの幅が広がっている。

ガイアックス調べ(https://gaiax-socialmedialab.jp/socialmedia/435)

もっと読む

この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 予算対応
  • 急ぎの講師派遣
  • 遠方への講師派遣
  • 事前に講師と打ち合わせ
  • 特殊な業界への対応
  • 全て対応可能です!お気軽にご相談ください。

    ※実施会場などお決まりでしたらお知らせください。



    SSL グローバルサインのサイトシール

    このサイトはグローバルサインにより認証されています。このメールフォームからの情報送信は暗号化により保護されます。