テーマ・部門別

階層別

モチベーションマネジメントを学び、ストレスに推し潰されない「レジリエンス=折れない心、回復する力」を育てる。

いますぐカリキュラム・見積もりを相談する

03-3808-2241受付時間 月~金 10:00~18:00

フォームでお問い合わせはこちら

カリキュラム

レジリエンス研修

オリエンテーション

  • アイスブレイク
  • ゴール設定

ストレスとは何か?ストレスに対処する方法

  • ストレスとは何か? 脳科学からのストレスを解説する
  • あなたのストレス度チェック
  • ストレスに対処する <ストレス解消ワーク>

レジリエンスとは

  • レジリエンスとは何か?
  • レジリエンスが不可欠な時代
  • マインドセットの重要性
  • 自分のレジリエンスを振り返る <レジリエンスグラフ作成ワーク>
  • 思考スタイルの修正

レジリエンスを高める「思考習慣」を身につける

  • 最適な意思決定の成否を握る「認知バイアス」
  • 認知バイアスを修正する「メタ認知」
  • 強みにフォーカスする<ワーク>
  • 心の支えとなる「サポーター」をつくる<ワーク>

レジリエンスの土台を支える「モチベーションマネジメント」

  • モチベーションとは?
  • あなたのモチベーションの源泉を理解する
  • モチベーションが下がったら「3つの要因」を確認し「3つの維持回復の対処」を行う

まとめ・質疑応答

世界中で「レジリエンス」という言葉が注目されています。レジリエンス=「困難をしなやかに乗り越え回復する力(精神的回復力)」として、多くのグローバル企業で導入され、”折れない心”としてTVで放映されたり、様々なビジネス誌で掲載されたことで急速に広がってきたスキル・考え方です。その背景にあるのは、コロナを契機に「時代の変化」がここ数年で一層大きくなってきたことにあります。従業員のストレスによる心の病気やモチベーション低下問題など表面化、働き方(在宅ワークや副業時代)の変化や生き方の価値観が多様化する中で、上司が今まで築いてきた自身の経験や知識では若手従業員への教育の難しさを訴える管理者も増えています。
レジリエンス研修では、ストレスは全ての人が感じているにもかかわらず、強いストレスを感じてもすぐに立ち直って前進できる人と、立ち直れず離職してしまう人、心を病んでしまう人がいます。この差を生み出す「レジリエンス」の違いを理解し、従業員一人一人のレジリエンスを高めることを目的とします。本研修により、離職防止効果が得られるだけでなく、従業員ひとりひとりが最適な意思決定を生み、仕事へのパフォーマンス(生産性向上)を高めることができます。レジリエンス研修は、ストレスをコントロールしながら、どんな不測事態が起ったとしても乗り越えて前に進むための“折れない心”レジリエンスを組織として習得させるための研修です。

※企業風土や業界特性によってレジリエンス力の発揮方法は変わります。研修内容はカスタマイズをさせていただきますので、まずはお問い合わせください。
レジリエンス研修
企画提案書のダウンロードはこちら

担当講師

関連事例

この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 予算対応
  • 急ぎの講師派遣
  • 遠方への講師派遣
  • 事前に講師と打ち合わせ
  • 特殊な業界への対応
  • 全て対応可能です!お気軽にご相談ください。

    ※実施会場などお決まりでしたらお知らせください。

    プライバシーポリシー


    >>取材のお申込みはこちらから



    SSL グローバルサインのサイトシール

    このサイトはグローバルサインにより認証されています。このメールフォームからの情報送信は暗号化により保護されます。

    お知らせ

    ▶ もっと見る

    研修・セミナー事例

    ▶ もっと見る

    新着研修

    ▶ もっと見る