CS(カスタマーサティスファクション)向上研修


カテゴリー CS・接客このカテゴリーの他の研修を見る

ねらいカスタマーサティスファクション、顧客満足度向上にむけての課題を明確化し、解決を目指す。

研修時間2〜4時間

対象 一般職 営業職 管理職 経営幹部 経営者

顧客満足度向上について深く理解し、
照準の合った目標設定、具体的な
実行プランに繋げる

CS(カスタマーサティスファクション)向上に対する基本的な考え方と、間違ったCS向上プログラム、マニュアル化された受け身型のCS向上プログラムから脱却し、顧客の満足・感動へと結びつけるためのCS向上戦略を受講者自ら考え、実践するための実践型プログラムを提供します。

カリキュラム

カリキュラム

企業経営におけるCSの考え方

  • CSの基本的な考え方
  • CSの誤った考え方
  • CSと企業経営の関係VRを使った活用事例

CSを高める組織運営の着眼点

  • 【風土づくり】組織内部からサービス品質を高める
  • 【人づくり】メンバー(スタッフ)の気づきを育てる
  • 【仕組みづくり】見えないところを見えるようにする

人を中心に据えたCS経営

  • キーワードはお客様と社員の“自己実現”
  • CS-ESサイクル
  • 職場目標の明確化とメンバー(スタッフ)の動機づけ

グループ討議「職場におけるCS向上の課題」

  • 問題解決手法を用いて、課題を出し合う

CS実践・定着計画の作成

  • まずは個人で検討
  • グループ内共有化(討議)
  • 全体共有化(発表)

まとめ

  • 講師総評
  • 質疑応答
お問い合わせ・資料請求はこちら

ねらい

CS(カスタマーサティスファクション)向上研修では、企業におけるCS経営の意味と重要性を、具体的な実例をあげながら理解していただくとともに、今後貴社がCS向上にむけて取り組むべき課題を明確化(具体的目標&アクションプランの作成)していただきます。

特長

  • CS(カスタマーサティスファクション)向上を意識できる現場作りを目指す
  • CS向上を意識できる考え方を身につける実践型研修
  • 課題設定からアクションプランの設定まで繋がる研修

実績(実施した企業・団体)

多数団体様、企業様に研修を実施いただいております。

Tips

CS(カスタマーサティスファクション)とは

日本語では、顧客満足度のことを指し、顧客がどの程度満足したかの程度(レベル)のことを言います。カスタマーサティスファクション(Customer Satisfaction)この頭文字をとって“CS”という言い方をする場合もあります。企業や店舗、施設の提供する商品やサービスに顧客が満足しその程度(レベル)が高ければすれば、再来店、再購買(リピート)や、固定客化による売上の維持・増加が期待できます。また、口コミによる新規顧客の獲得も期待でき、集客のための莫大なマーケティングコストを節減することも可能になります。

その他の CS(カスタマーサティスファクション)向上研修関連サービス

電話でのお問い合わせ

受付時間 月~金 10:00~18:00

メールでのお問い合わせ