アンガーマネジメント研修 事例レポート 怒りと上手く付き合う方法 


 

ジャイロ総合コンサルティングでは、アンガーマネジメント研修と題して、怒りの感情の考え方とその対処法について研修を行っています。今回は、企業様(名前伏せで業態のみ掲載)で実施した例としてレポートしていきます。仕事を進める上で「怒り」と上手く付き合うことは、「心身の健康」や「人間関係」の質にかかわるため、欠かせません。この研修では、「怒り」が生じるメカニズムを理解して、「怒り」を上手にコントロールするまでにスキルを上げていきます。

なぜ今アンガーマネジメントが注目されているのか?

いま、アンガーマネジメントが注目を浴びています。「怒り」を扱う際は、怒りの奥にある本当の「気持ち」を見つめなければなりません。「なぜ分かってくれないの?」「話しの仕方が分からない」「自分はダメだ」などと、疑問や後悔・不安などが襲いますが、この怒りをそのまま相手にぶつけてしまうと、人間関係や心身状態が悪化してしまいます。

  1. 怒りを抑え込むと精神・身体状態に影響する
  2. 怒りを爆発させると人間関係が悪化する
  3. 怒りをコントロールできないと自己嫌悪になる
怒りが生じるメカニズム

怒りが生じるメカニズムを理解するとき、怒りの奥に隠れている本当の気持ちを知る必要があります。怒りの奥にある気持ちを取り挙げていきます。私たちは、つらい感情ほど気付きにくく、その気持ちに蓋をしてしまうことでさらに不満が募り、それが怒りと発展していきます。このとき、重要なことは自分を内省していくことです。

私たちは、大なり小なり相手に「~せねばならない」「~してはならない」という期待や欲求を抱いています。それが成就された場合は満足できますが、成就されないときは、不満や怒りとなります。その不満や怒りが外に発散したときには「攻撃」となり、内に向いたときは「うつ状態」となってしまいます。

怒りとアサーション

怒りの感情は喜怒哀楽のなかでも最も取り扱いが難しいとされています。では、いったい怒りの感情とはどんな種類があるのでしょうか?怒りの感情には、①マイルドな怒り・②中程度の怒り・③最も強い怒りがあります。この研修では、怒りをステップを踏んでクールダウンする方法をお伝えしていきます。

怒りの特性

怒りの特性は以下の通りです。

  • 戦いの身体を準備する(疲れる・痛める)
  • 被害者意識を拡大する
  • 攻撃時期を窺わせる
  • 自分は強い・正義だと錯覚させる
  • 自分がこのことは重要だと錯覚させる
  • 勝ち負けにこだわらせる・妥協させない
  • 守るべき人がいると強くなる
  • クセになる
  • 周囲に煽られる
  • 自分や味方に向かうこともある

以上が、怒りの特性として挙げられる内容ですが、さらに

  • 怒りは正しく思考させない
  • 怒りは修正しにくい
  • 怒りは案外早く収まり後悔する

などの特徴もあります。最近よく言われているのが6秒ルールですね。アンガーマネージメントのひとつとして、腹が立ったらまずは6秒数を数えてみましょう。

怒りを爆発させるマイナス面
  1. なにも効果がない
  2. 部下のやる気が下がる
  3. 怒りが怒りを増幅させて自己制御できなくなる
  4. 怒っている間は自己成長が止まる
  5. 人間関係が悪くなる

怒りをコントロールできないデメリット

  1. 周囲の人と衝突を引き起こす
  2. とくに上司が怒りっぽいと職場関係が悪くなる→パワハラになる可能性もある
  3. 判断力を失って仕事が非効率的になる
  4. 信頼を失うこともある(例:企業の謝罪会見で感情的になったり失言したりする場合)
  5. ストレスがたまって病気になりやすい・心身のバランスを崩しやすい(高血圧・心筋梗塞の可能性が高くなる)

怒りをコントロールできないとデメリットが多く、日常生活に大きな影響があります。

怒りの感情パターンと怒りを手放せない本当の理由

自分の怒りのパターンはどれに当てはまるか?をグループワークなどで見ていきます。また、湧き上がる怒りを手放せない理由を話し合っていきます。個人ワークでは、自分の怒りを客観視して、自分の怒りを振り返ります。

※怒りによって損なわれるのは、相手の人生ではなく自分の人生ということを認識する必要があります。

怒りをコントロールすることのメリット

怒りっぽくすぐイライラしてしまうことや、自分をせめてしまいやすいことは性格なので変えられないのではないか?怒りが生じる仕組みを知って、対処方法を考え実践することで、怒りと上手に付き合い方を身に着けていくことができます。すると、職場などで人間関係が円滑になります。また、自分の性格が好きになり自信がつきます。怒りを強いモチベーションやエンジンに変えられるようになると安定してきます。

怒りをコントロールするには

①身体に起こる怒りのサイン
  • 目のかすみや充血
  • 肩こり、頭・首・背中の痛み・震え
  • 頭痛・めまい
  • 呼吸の速さ・胸痛・呼吸の浅さ
  • 血圧上昇・動悸
  • 全身の紅潮・発汗
  • 消化不良・吐き気
  • 口の乾き
  • メンタル不良の症状

身体は危険に集中して対処するためにエネルギーを生み出そうとして生理的反応が起きて、そのために怒りの感情はエネルギーを消費させます。

②隠された怒りのサイン
  • 過食や説明のつかない身体の痛み
  • ささいなことですぐにイライラしやすい
  • 他人に責任があると強く感じたり、自分の中から追い払おうとしている
  • 「自分が傷ついた・自分が犠牲になった」と感じる「あの人のせいで」と感じる
  • かなり強いうつ状態
③怒りの気持ちの鎮め方

何に腹を立てているのかを明確にしていきます。そして、時間の経過とともに行う「怒りの対処法」を取り挙げていきます。

④怒りを和らげるリラクセーション

瞬間的な怒りに気付いたとき、緊張を和らげるためのリラクセーション法を定期的にやると効果的です。怒りを爆発させない人はコントロールする方法を知っています。そういった人の特徴を真似するのも良いですね。

⑤怒りとうまく付き合うために

あなたはどのタイプなのか?を知ることが大切です。個人ワークなどで見ていきます。

⑥アサーションとは

相手との違いを認めて相手を尊敬しつつ、自分の気持ちや要望を率直に誠実に相手に伝えるコミュニケーションのことです。この場合、自分の気持ちもOK、相手の気持ちもOKということが大切です。アサーションが可能だと、怒りに振り回されずに過ごすことができます。

アサーションを身に着けると

人間関係のストレスが減り、自分に自信が持てるようになるなど大きなメリットがあります。伝える際に重要なことは、怒りが問題となるのは相手とのコミュニケーションの場面であるということです。相手に対する誤解が、自分自身の怒りを強めることがあるため注意が必要です。丁寧に相手の話しを聴き、事情を確認することによって、怒りの感情が和らぐことがあります。

言葉で伝える目的は?

ここでは、言葉で伝える4つのポイントを整理していきます。アサーションは、上手く言えそうにないことを言おうとするとき、何を言ったら良いか迷うとき、複雑な話しを整理する必要があるとき、自分の気持ちや考え方を明確にしてから話す必要があります。このような場面で、ステップを踏んだセリフづくりが必要です。研修では、アサーション=DESC法を練習していきます。

まとめ

自分が望むことを具体的に伝えて、問題解決を図ること。相手との人間関係を維持することが重要です。アンガーマネジメント研修では、アンガーマネジメントについて、またアサーションと言う「伝え方」を学びました。大切なことは、怒りをコントロールすることです。アサーション法=スキルです。繰り返し練習して身に着けていきます。今回は、ほんの入口です。怒りの感情に押しつぶされないように、また感情のもつれで問題が起きないように、コントロールすることで過ごしやすく、働きやすい職場環境を作ることができます。

ジャイロ総合コンサルティングでは、企業におけるアンガーマネジメント研修を行っています。仕事を進める上での怒りをコントロールするスキルが身に付きます。アンガーマネジメント研修をご検討の企業様は、お気軽にご相談ください。

 

電話でのお問い合わせ

受付時間 月~金 10:00~18:00

メールでのお問い合わせ

受付時間 24時間365日