セクハラ防止研修

カテゴリー コンプライアンス・リスクマネジメント人事・労務・ハラスメント防止

ねらいと目的職場でセクシャルハラスメントを発生させないための研修です。

研修時間3時間

対象 経営者 管理職 一般職 幹部

セクハラとは無縁の、全員がのびのびと働ける職場を作り上げるために、些細な芽を摘みとることが重要です。

セクハラはあらゆる職場に起こりえます。ただし、被害者が声を出して被害を訴えることは大変な勇気が必要です。職場の全員がセクハラに関する正しい知識と対処法を知ることで、セクハラの発生しない職場にすることが可能です。
また職場全体に、「セクハラを許さない」という意識・宣言も必要です。

カリキュラム

専任の担当者が貴社のご事情を伺った上で、最適な研修プログラムや講師をご提案させていただきます。
以下は、セクハラ防止研修プログラムです。課題や状況にあわせて研修プログラムをコーディネートすることも可能です。まずはお気軽にご相談ください。

担当講師(例)はこちらをご覧ください。

※研修内容や研修時間に関してはご要望に応じてカスタマイズ可能です。

セクハラ防止研修カリキュラム

オリエンテーション

  • 研修の狙い確認
  • 講師紹介
  • セクハラ度チェック(個人チェック)

セクハラとは何か

  • セクハラの定義と影響を知る
  • セクハラとパワハラの決定的違いとは
  • セクハラに相当する言動とは
  • こんなことでセクハラになるの?
  • 同性間でもセクハラ?
  • 女性から男性のセクハラの特徴

セクハラが発生した場合の対処

  • 被害を受けた場合の対処法
  • 被害を見た場合の対処法
  • 相談を受けた場合の対処法
  • タブーとなる発言
  • ロールプレイ演習

セクハラが起こらない職場を作る

  • セクハラを起こしやすい職場の共通項
  • セクハラと捉えられない行動とは
  • 話し合うことの重要性
  • 泣き寝入りをしないために
  • 周知することの重要性

ケース・スタディ演習

  • (ケースの読み込み)
  • 個人演習
  • グループ討議
  • 発表・フィードバック

クロージング

  • まとめ
  • Q&A
講師派遣に関するお問い合わせはこちら セクハラ防止研修の企画提案書のダウンロードはこちら

ねらいと目的

  • セクハラとは何か、セクハラの実情を学びます。
  • どのような行動・言動がセクハラに相当するのか徹底的に学習します。
  • セクハラの発生がどのような影響を及ぼすにかついて、事例にて学びます。
  • 職場でセクハラが発生した時に対処を学びます。

特長

  • 女性が生き生きと活躍する会社を目指すなら、ぜひとも考慮いただきたい研修内容です。
  • セクハラとは何か、具体的な言動はどのようなものか、実例を示して理解いただきます。また、セクハラ以外のマタハラ(マタニティ・ハラスメント)もカバーしています。
  • セクハラが実施に起こったとの設定で、どのような対処が求められるのかなどを、ロールプレイも取り入れて学習していただきます。
  • セクハラを起こさない職場にするには、今後何を行うべきかを各自の職場で考えていただきます。
  • 各企業の業務の実情に合わせてケース(セクハラ発生事例)を作成し、それを元に、被害者への配慮を重視した上で対処方法を考えていただきます。
  • ベテラン講師陣による説得性・納得性のある内容です。

このカテゴリーの研修実績(実施した企業・団体)

  • 水産加工業Y社
  • 製造業(自動車)

    製造業O社
  • 製薬業界

    製造業K社
  • 建設業界(管財)

    建設業N社
  • 製造業界(化学)

    製造業K社
  • 製造業界(建材)

    製造業S社
  • 製造業界(化学)

    製造業T社
百貨店T社、公的団体D会、IT系企業A社、自治体M市、他多数

Q & A

Qセミ研で研修を受講するメリットは何ですか?

Aセミ研の研修でもっともおすすめできるポイントは「カスタマイズ研修」であることです。貴社のご要望、現状での課題に合わせて、研修内容をカスタマイズできます。内容や研修時間など、柔軟に対応しておりますので、開催できるかご不安に感じられる場合にも一度お問い合わせください。一緒に不安を解消していきましょう。

Q研修はどんな講師が担当しますか?

Aセミ研では、ご希望の研修カテゴリごとに現場経験豊富な講師を選定して派遣しております。研修講師としての経験も豊富にある講師が所属しておりますので、安心してお任せください。おかげさまでたくさんの企業様からリピートをいただいております。

Q演習とは何をするのでしょうか?

A個人に課題を与えて考えさせる個人ワーク、グループでそれぞれの意見を持ち寄り合うグループワーク、グループ討議を行い、グループごとの結論を全体で発表し合う講評などを行います。聴くだけと実際に行うのとでは、研修内容の習得に段違いの効果が望めます。ご希望の研修でどのような演習を組めるかの詳細は、お問い合わせください。

Q同じ行為でもする人によってはセクハラと言われたり許されたりと不公平だ。研修ではセクハラ とそうでない行為との線引きをちゃんとしてくれるのか?

Aセクハラは、職場での性的言動が原因です。そもそも職場には「性的な」言動は必要ありません。それが「セクハラ」になるかどうかは別として、処罰の対象となるかどうかも別として、「性的」な言動で職場の誰かが不愉快で気まずい思いをするのなら、それは慎むべき行為と言えるのではないでしょうか。研修では、セクハラの有無や程度(の悪さ)は線引きではなくて、色の濃淡、スペクトラムであるというご説明をいたします。セクハラを正しく理解して職場から排除し、誰もが安心して力を発揮できる職場を作っていただくことがこの研修の目的です。

Qうわさですが職場にLGBTの人がいるらしいです。昨今はLGBTへの差別的発言などもセクハラと言われるらしいですが、研修でも取り上げるのですか?

Aプログラムのコーディネートやカスタマイズには対応いたします。厚生労働省はLGBTへの差別的発言もセクハラ に含まれると定めました(2016年8月指針改正、2017年1月施行)。ジェンダーの多様性と包摂はセクハラ研修にはもとより必須ですが、クライアントのご要望があれば、ビジネスの新常識と言われる「ジェンダー」についてより詳細な内容の研修にカスタマイズいたします。

Q昭和世代の当社営業部長は部下を励ます意図からか、何かというと「キャバクラに連れてってやるぞ!」が口癖です。若手の男性社員の中には嫌がっている者も多いらしいのですが、部長のおごりのようでもあり、面と向かっては「いやだ」といえないようです。これもセクハラですか? 研修でも取り上げますか?

Aセクハラの定義は「対価型」と「環境型」ですが、近年は新たに、「不本意型」と「性差別型」も重ねて定義されるようになりました。性的に不本意な行為を求めることはセクハラです。嫌がる社員を異性が酒食を接遇する店舗に連れていくことも不本意型のセクハラといえるでしょう。昭和な営業部長はこの理解が欠けていて、セクハラであることはおろか、むしろ良かれと思ってキャバクラに誘っているのでしょう。研修ではこのような最新の理論も取り入れてセクハラを正しく理解していただき、その防止へとつなげていただきます。

この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 予算対応
  • 急ぎの講師派遣
  • 遠方への講師派遣
  • 事前に講師と打ち合わせ
  • 特殊な業界への対応
  • 全て対応可能です!お気軽にご相談ください。



SSL グローバルサインのサイトシール

このサイトはグローバルサインにより認証されています。このメールフォームからの情報送信は暗号化により保護されます。

「セクハラ防止研修についてもう少し詳しく知りたい」、「価格はどのくらいだろう」など、 まずはお問い合わせください。研修アドバイザーが親身に対応します。

電話でのお問い合わせ

受付時間 月~金 10:00~18:00

メールでのお問い合わせ