3時間でまなぶ“ストレスチェック制度&マイナンバー制度”研修


“ストレスチェック制度”“マイナンバー制度”の早期対応が必須

2015年12月にはストレスチェック制度が開始。
2016年1月からはマイナンバー制度が導入されました。

一時ほどは世間にも注目されなくなりましたが、制度として定着しつつある今こそ、経営者、総務・管理担当者は両制度へ適切な対応を進めていくことが必要不可欠です。

経営者、企業管理担当は何をしなければならないのか、実施の手順や留意点を3時間で解説いたします。

ストレスチェック制度・マイナンバー制度 研修カリキュラム

目安講義時間・3時間程度

ストレスチェック編・カリキュラム【90分】

1. 働きやすい職場とは

(ア) 厚生労働省のデータから探る働きやすい職場
(イ) 働きやすい職場へのポイント
(ウ) メンタルヘルスとは?

2. ストレスチェックの義務化

(ア) 義務化の背景
(イ) 労働安全衛生法の概要
(ウ) ストレスチェックで何をしなくてはいけないのか?
(エ) 企業の取り組むスケジュール

マイナンバー編・カリキュラム【90分】

1. マイナンバー制度の概要

(ア) マイナンバー制度内容
(イ) 導入スケジュール
(ウ) 利用目的管理・利用重要性、法令違反時の罰則(懲役刑あり)

2. 企業が取り組まなくてはならないこと

(ア) 安全管理措置
(イ) 社内教育(法令違反回避のため)
(ウ) 制度施行前後の対応
(エ) 特に留意すべき点

本研修に関するその他の情報