無料公開講座

ハラスメント予防対策
3人の女性講師による レッドカード境界線セミナー

女性活躍・ハラスメント規制法への完全対応
女性講師による女性視点でのリアルなハラスメント対策セミナー

日時
2020年1月23日 15:30〜17:00
対象
中小企業の人事・総務部担当者様(セミナー担当者様)
定員
30名(1社3名様まで)
会場
最寄駅:八丁堀駅 中央区立女性センターブーケ21
GoogleMapで見る
費用
無料

セミナーカリキュラム

15:30~15:40 オリエンテーション
15:40~16:30 講義

1.間に合わないとどうなるのか

・法制化について

・罰則規定と判例の紹介(経営に与える損害の大きさとは)

2.何から手をつければいいのか

・企業がやるべきことのmust及びto do

3.そもそもどこからがハラスメントなのか

・ハラスメントの定義

・セクハラとパワハラの根本的な違い

・誤解されやすいNG言動の境界線

4.研修にはどんな効果があるのか

・予防の大切さ

・コストパフォーマンス

・管理職への再認識

・コミュニケーションの大切さ

・認知のズレ

16:30~17:00 講師陣によるパネルディスカッションおよび質疑応答

※内容は変更する可能性がありますので予めご了承ください。

当オープンセミナーに参加するメリット

・パワハラ対策の義務化の概要を理解することができる

・中小企業に必要な対策を事前に学ぶことができる

・社内で抱えているパワハラ問題への対応策を直接専門家に聞くことができる

・(デリケートな問題の場合、後日、専門家に直接質問も可能)

規制法の成立以来サイトの訪問・問い合わせ数が急増

今年の5月以降、当社へのお問い合わせのなかでもハラスメント防止セミナーの引き合いが増えています
その背景には、ご存知の通りパワハラやセクハラなど職場におけるハラスメント対策の強化を中心とした“女性活躍・ハラスメント規制法”が参院本会議で今年5月に賛成多数で可決、成立した経緯があります。パワハラ対策の義務化については大手企業で来年の4月には開始され、中小企業は努力義務からスタートし、2年後以内(2022年)に義務化される予定です。
今後は法令に従わない・厚生労働省からの改善指示にも応じない場合には、企業名を公表するなど、パワハラ防止策の実施を促進することになります。 ※参考:労働局へのパワハラを含む「いじめ・嫌がらせ」の相談は2017年度で約7万2000件、相談内容別では6年連続最多。
あなたの職場ではいかがでしょうか。“コンプライアンス”という広義での研修は既に実施しているかもしれません。ですが、とりわけハラスメントに限って言えば、既述のような現状から
“ハラスメント”に対して重点的に対策を考えていかなければなりません。

セミナー&研修ネットのハラスメント防止セミナーはここが違う

セクハラの怖い点は、セクハラをしている当人がそれに気づかず段々とエスカレートしてしまい、やがては企業として大きなトラブルにつながってしまう可能性があるということです。
そうした中では、何がセクハラにつながるのかも含めてセクハラ行為に気づくことが重要です。
当社では、豊富な事例に基づいた「ケース」を題材にグループ別(グループ毎に事例が違う)に徹底的な議論を行い、要因と対策と起きてしまった場合の会社的取組みと個人としての対応を実際的に学んでいただくことで実効性を高めています。
当研修の講師は特に、講義内で「セクハラ」による相手に与えるダメージの深刻さと「セクハラ」をした側の重大なリスクをお伝えし、「気づく」ことの大切さを意識して頂くようにしています。
担当講師によるハラスメント対策研修に関するコラムも併せてご覧ください。
ハラスメント法改正に向けて、事前のハラスメント防止研修を考える
ハラスメントのない職場を実現するために

総務・人事ハラスメント担当者様へ『あなた自身の身を守る意味でも研修はお早めに』

今このページをご覧いただいている方は総務や人事部の方が多いことと思います。
冒頭でも述べた通り、何か起こってからでは遅いですし、その時のポイントとなるのは、「未然に防ぐための策を講じたか否か」でしょう。
これはつまり、研修をかつて行ったかどうか、もっと言えば今年5月の法律成立後に実施したかどうかという意味です。
ご自分の身を守るという意味でも、一度社員の皆さんに(もちろんこのページをご覧になっているあなた自身も含め)何がダメで、どうしたら良いのかを専門講師からレクチャーを受けられてはいかがでしょうか。

こんな不安を払拭できます

・セミナー会社って沢山あって正直どこがいいのか決められない

・費用はいくら位が妥当?

・見積もりをもらったけれど、それが高いのか安いのか、相場を知らないので見当がつかない

・カリキュラムを書面で提案されただけでは分からない

セミナー詳細

会場 最寄駅:八丁堀 徒歩3分
中央区立女性センターブーケ21  3階研修室2
〒104-0043 東京都中央区湊1-1-1 Tel 03-5543-0651
GoogleMapで見る
定員 先着30名
セミナーテーマ 〜オープンセミナー〜起きてからじゃ手遅れ?ハラスメント予防対策セミナー
講師 大木ヒロシ ジャイロ総合コンサルティング株式会社
片桐由紀子

お問い合わせ 今すぐ申し込む03-3808-2241

講師紹介

大木 ヒロシ(おおきひろし)

フランチャイズチェーンを複数立ち上げた経験を持ち、その経験を元に、セミナーおよびコンサルティングを業務とするジャイロ総合コンサルティング(株)を立ち上げる。現在では、大手企業から中小企業・商店までの多くのコンサルティングにおける成功事例を持つ。また、年間の講演回数は200回を越える超人気講師でもあり、感動と共鳴を生む講演スタイルは他に追随を許さず、日常は多忙を極める。また、「商業界」や「ファッション販売」「食品商業」「日経ストアデザイン」「日経ギフト」「日本のFC年鑑」「独立開業」「オールセールス」「ストアジャーナル」などの雑誌の特集記事、新聞記事などを多く手がけている。
また、年間多数のコンプライアンス研修を担当し、具体的でわかりやすいと高い評価を得ている。
【著書】 『実務シリーズ 売る営業から、顧客を“活かす”営業へ』(SMBCコンサルティング)ほか多数

片桐 由紀子(かたぎりゆきこ)

講師紹介

 

お申し込み



SSL グローバルサインのサイトシール

このサイトはグローバルサインにより認証されています。このメールフォームからの情報送信は暗号化により保護されます。

電話でのお問い合わせ

受付時間 月~金 10:00~18:00

メールでのお問い合わせ