管理監督者の決断力向上研修


研修概要

自治体 企業を問わず、現場で「人を動かす」管理監督職の「決断力」こそが、組織運営のカギを握っていると言っても過言ではありません。しかし現代ビジネスでは経営環境変化の速さに対応できずに悩むリーダーやマネジャーが多いのが現状です。本セミナーでは、「決断力を高める目的は 人を動かす事」、「仕事がデキる」=「決断ができる」と定義し、決断に迷う方々に方策を示します。経営資源は多々ありますが、決断力だけは誰からも借りることが出来ません。自ら高めるしかありません。本研修での内容は、部下や後輩を統率して組織目標を達成するための実践的内容となっております。 上司を支え、部下やスタッフを統率・育成できる「強い管理職・リーダー」の組織運営ノウハウを、松下幸之助の事業部長育成方法に講師の経験と最新理論をブレンドして、職場で実践できるようにわかりやすくお伝えいたします。

研修カリキュラム

時間 内  容 進め方
00:00

 

 

 

 

 

 

01:00

 

 

 

 

02:00

 

 

 

 

 

03:00

 

 

04:00

 

 

05:00

 

06:00

 

07:00

 

 

08:00

アイスブレイク

課長をとりまく環境変化

 仕事とは「決める力」である

ビジネス決断力が重要になった背景

デキる上司とデキない上司の違いとは

決断と意思決定の違い

 

決断力の「序」:数字力

決断の基準を明確にしよう

より高い視点で物事を考えるための「数字力」

ケーススタディ: 企業事例に学ぶ

休憩

 

決断力の「破」:論理的思考

決断に至る「仕組み」を知る

決断と意思決定の違いを知る

論理的思考のトレーニング(演習)

 

昼食休憩

 

決断力の「急」:感情コントロール

意識している感情、無意識の感情

数字と心理の不思議(演習)

 

総合演習:「プロジェクトX」に学ぶ

 

 「強い管理職」の組織運営術・・・「相談・連絡・報告」の順番で!

指示待ち部下への対応方法

部下を動かし、上司を動かすのが、管理職の役割

 

質疑、まとめ

終了

 

企業の成長曲線に応じた、求められる能力の変化

個人の決断パターン診断

職責に応じた決断の大切さ

1年スパンの決断のノウハウを伝授

 

仕事は、アナログのデジタルへの変換

マクドナルドの価格戦略に学ぶ

パナソニックのプラズマ撤退の教訓

コストパフォーマンスとは何か?

 

 

決断力の構造

決断力の三要素

 

 

 

 

 

実は感情で決めている私たち

 

 

決断力の序・破・急の実践

 

 

経営者、意思決定者を支える管理職の

仕事術

松下幸之助の事業部長育成ノウハウ

決断して実行してワンサイクル